スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第九回交流会終了ですってば。

さて、改めまして。

第九回愛媛松山交流会も無事終了いたしました。
参加者の皆様、主催および関係者の皆様、お疲れ様でした。
みなさまのおかげで成り立っている愛媛松山交流会です。
ありがとうございます。

さて、「明日までお待ち下さい」といいつつ華麗に一日スルーしてしまいましたが、
そこも「嘘ウサー」の内ということで(こら

指し当たって順位発表、デッキレシピ公開などから。
っても広島遊符会で、もう順位出てるしな。
要らないか。



要りますね。すいません。
めんどくさがらずにちゃんとします。

では、つづきからどうぞ。



前置き無し、四の五の言わずに五位から優勝者までのお名前と
デッキレシピを公開させていただきます。
あれ五は言った。 まぁいいや。
いつものデッキ雑感をつけてますが、それが製作&使用者の意図と
同じかどうかなんて保証はありませんので悪しからず(ぉ



第五位 ツェペシュ 様

Character 17
 1 011 橙
 3 021 上白沢 慧音
 1 023 因幡 てゐ
 2 169 上白沢 慧音(白沢)
 3 303 玉兎
 2 304 キスメ
 2 306 槌の子
 1 323 八雲 藍
 2 331 霊烏路 空

Spell 12
 2 262 倭符「邪馬台の国」
 2 269 旧史「旧秘境史」
 3 341 怪奇「釣瓶落としの怪」
 2 362 爆符「メガフレア」
 1 363 「地獄の人工太陽」
 2 367 魚符「龍魚ドリル」

Command 21
 3 075 マナの生成
 3 092 強引な取引
 2 135 兎角同盟
 2 142 瞋怒
 1 224 大災厄
 3 225 歴史創造
 3 226 香霖堂
 1 228 森羅結界
 3 286 銀ナイフ

サイドボード
 1 323 八雲 藍
 1 079 情報戦
 1 099 離反工作
 1 231 狂気の増幅
 2 277 無縁塚
 1 297 紅い虹と天使の翼
 1 376 思念の看破
 2 384 運命のダークサイド


一積み、二積みが豊富な種族:獣メインデッキ…に大災厄。
獣大災厄!

大災厄採用のデッキで多いのは多種多様なドローソースで
さっさと冥界肥やし+キーカードを確実に引き込む、というパターンなのですが、
ドローソースが豊富なのは別にそちら目的でなくても有用、という。
つまり普通に獣メインのデッキとしても戦え、かつ大災厄のおかげで
ライフアドバンテージという概念をいざというときには完全に無視できるわけですね。
大災厄が1積みでも回収できる可能性を残してあり、かつ大災厄だと読まれにくい。
ツェペシュさんは大災厄デッキを以前も使用されていたということもあり、
一積みだから大災厄はおまけ積みというわけでなく、
真剣に大災厄を考えた結果がこの一積みなのでしょう。
とても興味深いアプローチ。
今大会中、大災厄がどのくらい決まったか、お伺いしてみたいものです。




第四位 流離 様

Character 17
 2 001 上海人形
 1 002 蓬莱人形
 2 015 サニーミルク
 2 021 上白沢 慧音
 1 024 紅 美鈴
 3 040 魂魄 妖忌
 2 161 犬走 椛
 2 169 上白沢 慧音(白沢)
 2 173 符ノ壱“紅 美鈴”

Spell 13
 3 055 彩符「彩光乱舞」
 3 059 奇術「ミスディレクション」
 1 060 時符「プライベートスクウェア」
 3 121 鬼符「ミッシングパワー」
 3 204 秘術「グレイソーマタージ」

Command 20
 2 083 作戦阻止
 2 088 ミニ八卦炉
 2 092 強引な取引
 2 094 解呪
 3 133 ディゾルブスペル
 2 134 魔法研究
 1 142 瞋怒
 2 298 リザレクション
 2 382 葉団扇
 2 384 運命のダークサイド

サイドボード
 3 354 鬼火「超高密度燐禍術」
 2 407 鬼神「ミッシングパープルパワー」
 1 142 瞋怒
 2 376 思念の看破
 2 420 人形潰し占い


アクティブビート、とでも言いましょうか。
彩光乱舞+妖忌といえば、誰もが一度は通る道。
そして、ミッシング使っても寝なければ死なないじゃない、もまた然り。
妖忌にミッシングが付けば、ミスディレ+葉団扇ですさまじい爆発力。
もちろん、余計な付加をしなくても10点先制に素で耐えられるのは
同じ先制を持ち相打ちできるキャラか、西行妖くらいしかいません。

主催陣の一人にして、美鈴といえばこの人、な、SUIさんは
無符美鈴と壱符美鈴の比率が素晴らしいという評価でした。
別に冗談でもなんでもなく、マナ効率を考えた有用な構築です。

サイドを採用するとさらにビート方向へ特化されていきますね。
その際に怖いダークサイドは看破で対策でしょうか。
看破用カードをサイドから、でなく、看破そのものをサイドから。
これも構築段階でのテクニックとしては有用ですね。




第三位 四季映姫ダバダバドゥ 様

Character 24
 3 015 サニーミルク
 3 303 玉兎
 3 311 アリス・マーガトロイド
 3 325 西行寺 幽々子
 3 327 火焔猫 燐
 3 331 霊烏路 空
 3 335 永江 衣玖
 3 337 符ノ壱“八雲 紫”

Spell 6
 3 064 恋符「マスタースパーク」
 3 070 死符「ギャストリドリーム」

Command 20
 3 083 作戦阻止
 3 084 秘密結社
 3 096 断罪裁判
 2 099 離反工作
 3 142 瞋怒
 3 236 覚醒
 3 399 神霊の劫火

サイドボード
 3 122 禁忌「フォービドゥンフルーツ」
 1 099 離反工作
 3 277 無縁塚
 3 384 運命のダークサイド


おりんくう! おりんくうコントロール!
衣玖マスパ機構も組み込まれ、コントロールデッキでは後手に回りがちな
キャラ数の多いデッキにも対処できるようになっております。
サイドは逆に、速攻&ワンショット対策になっていますね。
無縁塚はユニオンへの一次対処かつリアニメイトにも対抗できるので
現環境では有能なサイド要員。
似たような構成になりがちな除去カウンターでありながら
お燐とお空の採用などは構築の妙。
お空が居れば劫火は超が付くほど有能な除去ですし、
コンセプト的にブレが起こることも少ない。
面白いですね。




準優勝 ヤマダ 様

Character 31
 3 001 上海人形
 3 002 蓬莱人形
 3 015 サニーミルク
 3 030 霧雨 魔理沙
 3 311 アリス・マーガトロイド
 3 323 八雲 藍
 2 324 レミリア・スカーレット
 3 329 八坂 神奈子
 3 334 四季映姫・ヤマザナドゥ
 3 335 永江 衣玖
 2 337 符ノ壱“八雲 紫”

Spell 3
 3 207 光撃「シュート・ザ・ムーン」

Command 16
 3 096 断罪裁判
 3 099 離反工作
 3 236 覚醒
 2 244 風祝の奇跡
 2 393 緋想の剣
 3 394 浄玻璃鏡

サイドボード
 2 064 恋符「マスタースパーク」
 2 122 禁忌「フォービドゥンフルーツ」
 1 362 爆符「メガフレア」
 3 277 無縁塚
 2 384 運命のダークサイド


キャラメインデッキ。
第五弾の有能キャラが活躍しますね。
全体的に重いようでいて、紫が4コスト、神奈子が3コストという以外は
2コスト帯ですので、アリス、魔理沙、サニーのうち1体が居れば
ノードセットと合わせて一気にノードを使い切ることがありません。
神奈子=呪符対処、紫=除去と割り切れば、慌ててプレイする必要もなく
見た感じよりもノード消費は緩やかになるのでは、と。
鏡などを伝説持ちにセットできれば、相手はかなりキツイ受けを強いられます。
あとは、風祝の奇跡はこのデッキならではの採用と言えます。
大型をノードに刺しても回収でき、普通に冥界からも回収できる。

サイドはやはり冥界利用&強化ビート&コンボワンショット対策。
そして物量対策でしょうか。
個人的には初弾魔理沙というあたりがこのデッキのポイントかと。




優勝 藤井 様

Character 23
 3 015 サニーミルク
 3 030 霧雨 魔理沙
 3 031 博麗 霊夢
 2 035 八雲 藍
 3 320 射命丸 文
 3 337 符ノ壱“八雲 紫”
 3 339 符ノ弐“八雲 紫”
 3 401 幻想の結界チーム

Spell 3
 3 074 罔両「ストレートとカーブの夢郷」

Command 24
 3 084 秘密結社
 3 092 強引な取引
 3 094 解呪
 3 096 断罪裁判
 3 099 離反工作
 3 236 覚醒
 3 277 無縁塚
 3 380 嫉視する夜叉

サイドボード
 3 313 十六夜 咲夜
 3 207 光撃「シュート・ザ・ムーン」
 2 133 ディゾルブスペル
 2 373 閉ざされた瞳


幻想の結界チーム入り、まさしくユニオン環境コントロール。
スペルを極力削った構築は同系と当たった場合
相手の対スペルカウンターが腐るという意味でも有能ですし、
その分コマンドを積めるということですから、干渉タイミングで
状況に合わせた動きができる猶予を増やせるということでもあるかと。

弐符紫機構も積まれており、壱符紫が指差し除外した大型や、
無縁塚で相手の冥界利用などを阻害したり、自分の冥界に落ちた藍を
除外してから持ってこれたりと、決してユニオンだけに頼っていない
構成も安定性を高めております。

メインに断罪以外のスペルカウンターは積まれていませんが、
そのかわり覚醒でキャラを守れたり、そもそも五弾幽々子の目標に
ならないキャラばかりという構成もお見事。

現環境を冷静に予想しつつ、逆手に取り、現環境を自らも生かす。
ある意味で理想的な構築の一つかと思います。
重ねて、御美事!




というわけで。
三度、コントロールの優勝。
スイスドロー、という大会形式上、ビートやワンショットは
「二戦目」「三戦目」があるからにはサイドで対策される可能性は大。
しかし、それを逆手に取れるのもサイドボードというものではあります。
それが分かっていても、サイドには対策を乗せたくなるのが常。

カウンター対策の最たるものは勿論「カウンターされない」なわけで
それのもっとも分かりやすい体現カードは5弾藍です。
しかし5弾藍をメイン採用しても、藍を出したターンに決めなければ
結局カウンターカードの引きなおしをされる可能性もあり、
それ以前に閉ざされた瞳もある。

じゃあ藍出して決めるよ、瞳は阻止!ってカードを溜め始めると、
情報戦もあるし、5弾文もいるし、魔理沙は月を撃つし
フランもフルーツ(笑)とか言っちゃいます。

逆に言って、それらをメインから行える=相手の邪魔をすることが
自分の速度を落とすわけではないコントロールは、
やっぱり安定度の面で優秀なわけですね。

けれど5弾でハンド破棄カードが豊富になりました。
幽々子、紫を始めとし、キャラでありながら除去など
他の役割を担うキャラクターも増えました。

ハンデスはカウンターして美味しくない最たるもの。
そして、キャラクターがそれまでスペル・コマンドが担ってきた役割を
兼ねることは、準優勝のヤマダさんのような、前環境では「偏った」
構成といわれるタイプのデッキでも、汎用性の高い構築を可能としました。

キャラ単(笑)とか、ハイランダー(笑)などとは、
決してただ笑って指差すだけでは済まない環境にもなっております。

カウンターを腐らせ、キーを食いアドバンテージを維持するハンデスか。
高性能キャラで場を支配するグッドスタッフか。
相手が何者であろうと対処しきるパーミッションか。
はたまた、相手のデッキなど何か分からないうちにライフを奪い取る速攻か。
それらのハイブリッドか。

まぁ、あくまで私の所感である現環境状況なわけですから、当てにはなりませんが。

さしあたってこんなところで上位入賞者デッキ雑感を終わります。

併催イベントなど、当日の状況レポとかはまた後日。



文責:那月

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。